医療機関で全身脱毛するデメリット

痛みが強いのが最大のデメリット

医療機関の全身脱毛は、強力な医療レーザーを使用するので脱毛効果が高い反面、サロン脱毛より痛みが強くなるデメリットがあります。脱毛効果と痛みは比例することが多く、1回あたりの脱毛効果の高いクリニックであるほど痛みは強いのが普通です。特にデリケートな部位は痛みが強く、麻酔を使用しないと我慢できない人もいます。麻酔は有料になりますので、痛みに対して敏感な人は脱毛費用が高額になってしまいます。最近の医療機関での全身脱毛は痛みが軽減してきていますが、まだサロンより痛いのが現状です。また産毛を薄くするのが難しい、1回あたりの脱毛料金が高いなどのデメリットもあります。一般的に同じ処理回数ならサロン脱毛の2倍くらいの料金になります。

日焼けしているときは脱毛を避けよう

全身脱毛の効果の出方は部位によって異なり、顔やVIOは効果が出にくいです。痛みを感じやすい部位、デリケートな部位は処理回数が多くなると考えてください。そのため全身を同じタイミングでツルツルにすることはできず、ボディの脱毛が完了しても顔やVIOだけは残ってしまうケースが多いです。医療機関での全身脱毛は、日焼けしていると受けられない可能性があります。サロン脱毛の光脱毛より一点にかかる刺激が強いため、日焼けしている状態で照射するとヤケドや炎症を起こすデメリットがあります。毛嚢炎を発生させることもあるので、脱毛するなら夏は避けるのが得策です。夏場は紫外線量が多いため、脱毛するには最も不向きな時期です。それゆえ多くのクリニックは秋~春に全身脱毛をすることを推奨しています。

© Copyright Perform Hair Removal. All Rights Reserved.